電動歯ブラシ用歯磨き粉の選び方・おすすめランキング【2017年版】

最終更新日: 2017年05月15日 | 作成日: 2017年05月10日 | 7521 views

電動歯ブラシと一緒に使うべき歯磨き粉を選ぶ上で、注目しておきたいポイントを解説したのち、オススメの電動歯ブラシ用歯磨き粉をランキング形式でご紹介します。

電動歯ブラシ用の歯磨き粉は、手磨き用の歯磨き粉とは異なる性質を持っています。
・発泡剤
・研磨剤
がないor少ないことが大切です。

それでは、以上のことを見極めるために注目したいポイントを解説してまいります。

電動歯ブラシ用歯磨き粉の選び方のポイント

簡潔にまとめると、
発泡剤、研磨剤を含まず、自分の欲しい薬用成分が入っていることがポイントです。

発泡剤を含まないこと

発泡剤は歯を磨く上で、効果はほとんどありません。

普通の歯磨き粉を使っていると、口の中が非常に泡立ちますよね?
あれは、歯磨き粉の中に発泡剤の成分が含まれているためです。
発泡剤は、石鹸と同じように界面活性剤で、振動を受けると空気を含んだ泡となります。

界面活性剤は油汚れを浮かして、取り除くために役立ちますが、私たちの歯およびバイオフィルムは疎水性で、油汚れは付きません。

では、なぜ発泡剤が含まれているのかと言えば、「磨いた感」が感じられるからです。逆に発泡剤が含まれていない歯磨き粉では、磨いた心地がしません。

発泡剤のデメリット

発泡剤が入った歯磨き粉で電動歯ブラシを使用すると、泡立ちすぎるため、
しっかりと歯間などの狭い場所まで磨くことが難しくなります。
とくに、すぐに磨いた気になって、歯磨きをやめてしまう点が問題です。

発泡剤はラウリル硫酸塩(ラウリル硫酸ナトリウム)といった成分です。

研磨剤をできるだけ含まないこと

研磨剤は、文字通り、ヤスリのように歯の表面を削ってツルツルにする成分です。

手磨きでは、多少有用なのですが、電動歯ブラシにはすでに十分な研磨力があります。
電動歯ブラシ+研磨剤では、歯垢・バイオフィルムだけでなく、歯のエナメル質まで削ってしまう可能性があります。

そのため、電動歯ブラシでは研磨剤ができるだけ少ないタイプがオススメです。
研磨剤はリン酸水素カルシウム、水酸化アルミニウム、無水ケイ酸、炭酸カルシウムといった成分です。

発泡剤・研磨剤がなければ、何の意味があるの?

発泡剤・研磨剤が普通の歯磨き粉の主成分と言って過言ではありません。
普通の歯磨き粉から発泡剤・研磨剤を除いてしまっては、実際何も残りません。
そのため電動歯ブラシであれば、普通の歯磨き粉を使うくらいなら、何も使わない方がマシです。

これから普通の歯磨き粉とは異なる、本当に意味のある歯磨き粉について解説してまいります。

薬用成分

では、結局電動歯ブラシ用に使うべき歯磨き粉は何かと言えば、発泡剤・研磨剤が少なくて、
自分の必要な薬用成分が含まれている歯磨き粉になるのです。

それでは各薬用成分を解説してまいります。

虫歯予防(フッ素)

歯磨き粉の薬用成分で真っ先に挙がるのが、何と言ってもフッ素でしょう。

フッ素は唾液中のミネラル(リン・カルシウム)と共に、歯の再石灰化を助けます。

歯の石灰化とは剥がれたり、壊れたエナメル質の表面(ハイドロキシアパタイトがエナメル質の96%)を作り直し、
歯本来の強さを取り戻すことです。歯の再石灰化は虫歯予防と言えるでしょう。

逆にエナメル質が削れてしまうと、象牙質があらわれてしまいます。象牙質はエナメル質より
虫歯になりやすく、すぐに大きな虫歯になってしまいます(虫歯進行度:C2以上)。

象牙質の下のセメント質はそれ以上に虫歯になりやすく、セメント質まで虫歯が進むと歯髄と呼ばれる神経が傷んでしまい、歯髄をとる必要がでてくる可能性があります。(虫歯進行度:C3以上)
歯髄を除去すると、歯は一生もろくなってしまいます。

フッ素はC0、C1といった初期の虫歯に効果的で、エナメル質の再生に大きな役割を果たします。
虫歯になりやすい、なったことがある方は、ぜひフッ素が含まれた歯磨き粉を使用してください。
フッ素が流されないように、口のゆすぎは、軽めで1回のみがオススメです。

フッ素はフッ化ナトリウム・モノフルオロリン酸ナトリウムのどちらかです。

歯肉炎・歯周病・歯槽膿漏予防

歯周炎は歯周病の初期のことを言います。歯周病・歯槽膿漏はほぼ同じ意味で使われます。

歯周病は、細菌が出す毒素により歯茎に炎症が起きる疾患です。

歯周病予防は
①原因細菌を殺す殺菌作用
②炎症を抑える抗炎症作用
③歯周の組織の回復を助ける収れん作用・細胞賦活作用・血行促進作用
の3つが鍵になります。

殺菌作用・・・・イソプロピルメチルフェノール(IPMP)、塩化セチルピリジニウム(CPC)、
                             トリクロサン(TC)、塩化ベンザルコニウム(BKC)、クロルヘキシジン(CHX)
抗炎症作用・・・β-グリチルリチン酸、グリチルリチン酸ジカリウム、
                             ε-アミノカプロン酸、オウバクエキス、トラネキサム酸
収れん作用・・・アラントイン、食塩(塩化ナトリウム)
細胞賦活作用・・ビタミンB(塩酸ビリドキシンなど)
出血防止作用・・トラネキサム酸

などが挙げられます。

歯石沈着防止

歯石は歯垢と唾液中のミネラル(リン、カルシウム)が結合して石のように硬くなり、歯に付着したものです。
歯石はそれ自体は悪いことをしないのですが、歯石の周りに虫歯菌が増えがちで、
虫歯菌お腹いっぱいになった後、酸を出して歯を溶かし虫歯を引き起こします。
そのため、歯石は取り除かなければいけないのですが、自分で取り除くのは、
比較的難しいです。

ポリリン酸ナトリウムやゼオライトといった成分は、ミネラルとの吸着材料となり、
歯垢の代わりにミネラルと結合することで、歯石沈着を防止します。

これは歯石沈着に効果的ですが、歯の再石灰化を止めてしまうことになります。
また、すでにできた歯石は取りのぞけません。
そのため、虫歯になりやすい方は、しっかりブラッシングして、日頃から
歯垢がたまらないようにすることが大切です。

知覚過敏抑制

①麻痺させ痛みを感じなくさせる知覚鈍麻作用
②象牙細管封鎖作用

エナメル質の下に象牙質があり、象牙質の下に神経があります。
痛みは神経が刺激されることにより起こります。
象牙質には神経に通じる穴が空いており、それを象牙細管と呼びます。
②は、その象牙細管を閉じることで、神経に刺激が届かないようにします。

知覚鈍麻作用・・・・硝酸カリウム
象牙細管封鎖作用・・乳酸アルミニウム
などが挙げられます。

タバコのヤニの除去

ポリエチレングリコールなどの成分がタバコヤニを溶かします。

歯垢分解作用

デキストラナーゼは、歯垢を分解し、取り除きやすくします。

まとめ

電動歯ブラシ用歯磨き粉には、発泡剤・研磨剤を含まず、フッ素などの薬用成分が入ったものを選ぶべきです。
しかし、フッ素を代表とする薬用成分の多くは、体内に入ると良くない成分が多いので、誤って飲み込んでしまうことがないようにしてください。

電動歯ブラシ用歯磨き粉のおすすめ人気ランキング

さて、ここまで電動歯ブラシと共に使う歯磨き粉の選び方のポイントを解説してまいりました。
ここからは、成分・使ってきた経験・コストパフォーマンスから、総合的にオススメしたい歯磨き粉をランキング形式でご紹介いたします。

1位 完璧な歯磨き粉

コンクール ジェルコートF 90g
855円(税込)

発泡剤・研磨剤無配合
フッ素:950ppm
塩酸クロルヘキシジン(殺菌剤)
β―グリチルレチン酸(抗炎症剤)
ポリリン酸ナトリウム(歯石沈着防止)
キシリトール(甘味料)
1gあたり9.5円(2017年5月現在)

2位 磨き心地を重視するなら!

GC 音波&電動用歯磨きペースト(65g)
530円(税込)

低研磨性、低発泡性
フッ素:900ppm
塩酸クロルヘキシジン(殺菌効果)
グリチルリチン酸ジカリウム(消炎効果)
キシリトール(甘味料)
1gあたり8.1円(2017年5月現在)

3位 美白効果を重視するなら!

トゥービー・ホワイト 薬用 ホワイトニング ジェルハミガキ (電動歯ブラシ対応) 100g 【医薬部外品】
972円(税込)

研磨剤・発泡剤不使用
フッ化ナトリウム・モノフルオロリン酸ナトリウム配合(濃度不明)
美白成分ポリエチレングリコール4000(ヤニ除去)
ポリリン酸ナトリウム、ピロリン酸ナトリウム(歯石沈着防止)
1gあたり9.7円(2017年5月現在)

4位 安さ重視なら!

GUM(ガム)・デンタルジェル (電動ハブラシ用) 65g (医薬部外品)
218円(税込)

発泡剤:ラウリル硫酸Na 低配合
研磨剤:無水ケイ酸 低配合
フッ素:フッ化ナトリウム
塩化セチルビルジニウム(殺菌作用)
グリチルリチン酸2K(抗炎症作用)
1gあたり3.4円(2017年5月現在)

5位 総合的に良い

クリニカアドバンテージ デンタルジェル 60g (医薬部外品)
310円(税込)

研磨剤・発泡剤不使用
フッ素:フッ化ナトリウム
塩化セチルピリジニウム(殺菌作用)
1gあたり5.1円(2017年5月現在)

6位 安くて、研磨剤不使用!

ライオン チェックアップ スタンダード 120g【医薬部外品】
453円(税込)

研磨剤不使用
発泡剤:ヤシ油脂肪酸アミドプロピルベタイン液、ラウリル硫酸Na 低配合
フッ素:フッ化ナトリウム
キシリトール配合

7位 歯周病対策なら!

薬用 デントヘルスハミガキSP 90g
1,200円(税込)

研磨剤:非晶質無水ケイ酸
発泡剤:ラウリル硫酸Naなど数々
フッ素:モノフルオロリン酸ナトリウム(フッ素)
ラウロイルサルコシンNa
イソプロピルメチルフェノール(殺菌作用)
酢酸トコフェロール(血行促進)
トラネキサム酸(出血防止作用)
オウバクエキス(抗炎症作用)
ポリリン酸Na(歯石沈着防止)
清涼剤:メントール
1gあたり17円

この記事に関連するキーワード

アクセスランキング 今月の人気記事

話題のキーワード よく調べられているキーワード