三線の選び方・おすすめランキング【2017年版】

最終更新日: 2017年05月26日 | 作成日: 2017年03月19日 | 5195 views

沖縄の楽器・三線をはじめたい方に三線を選ぶ上で気をつけたいポイント・選び方のポイントをご説明いたします。

その上でインターネットで買えるおすすめの三線をランキング形式でご紹介します。

ぜひ自分が末長く使える、素敵な音色の三線を見つけてくださいね♫

20商品から
6商品厳選
中谷 卓也
かつてレコーディングエンジニアとして働いていました。 今も自分自身で音楽活動を続けています。 最近では三線にはまっています。

三線の選び方のポイント

かんから・人工皮革・本革強化張り・一枚張り

三線の値段は、
かんから < 人工皮革 < 本革
の順に高くなります。

カンカラ

かんからとは胴の部分が金属の缶のようなものでできている三線です。
音は金属っぽい音で、沖縄らしいのんびりとした音ではありません。
かんからは5000円程度で購入できます。


人工皮革

人工皮革の三線は胴の部分を人工皮革でおおった三線で、本革の三線と比べて、音がぼわーんとしており、響きも小さいです。

本革の三線と比べて破れにくく、放ったらかしにしても大丈夫というメリットがあります。

15,000円くらいから30,000円くらいまでの間であります。

本革強化張り

本革の三線とはニシキヘビの皮を胴にピンと貼り付けた三線のことです。
強化張りの三線とはニシキヘビの皮の下に一枚布のようなものを貼り付けることで、ニシキヘビの皮が破れないように強化してある三線のことです。

一枚張りの三線は1年に1回くらい皮を張り替えなければいけません。
そのため、近くに三線のお店がない方は強化張りの三線がおすすめです。

本革強化張りの三線の音色は少し一枚張りの三線より劣りますが、しっかりとした職人により貼られたものが多く、綺麗に響きます。

職人の腕が悪いと張りが甘く、高い音までしっかりと響かないので、腕の良い職人による三線を選びたいところです。

本革の一枚張り(本張り)

本革の一本張りとは、三線の胴のおもて面(弦がある面)に、
ニシキヘビの皮を1枚だけ貼り付けた三線のことです。

一枚だけなので、棹から伝わった響きがピンと貼られた皮でしっかりと響きます。

ピンと貼られた皮なので、バチ(ツメとも言う)や爪が当たると破れてしまうことがあります。
また感想や気温の変化に弱く、放っておくとボロボロになってしまいます。

破れた三線は皮を交換しなければいけませんので、本革の一枚張りは皮を修理してもらえるお店を調べてから買うことをおすすめします。

棹(さお)の木の種類

本革の強化張り・本張り以上になると音色を大きく左右するのが、棹(さお)の種類になります。

棹とは、三線の胴から出てくる長い木の部分です。

棹の木は、かりん・樫の木・チュン・ゆしの木・ゆしの実・紫檀・縞黒檀・黒檀(黒木)などがあります。
だいたいこの順番で値段が高くなり、音の響きも美しくなっていきます。

棹の木は密度が高い木ほど良いとされ、八重山黒木などが希少で高価格となっています。
一方、密度が高すぎる金属などでは、弦からの微弱な振動が棹で響かず、違う音となってしまうそうです。

同じ種類の木でも、木の内側・外側および東西南北どちらの方向かなどで、響きが変わってきます。

ユシの木は沖縄で長年三線に使われてきた木です。

棹の長さ

子供や手の小さい女性の方などには、棹が短いミニ三線がおすすめです。
弦を押さえる時に、大きい棹では手が届かないからです。

型(デザイン)

三線は天(棹の先っぽ)・棹の形状から何種類かの型に分かれます。
手にもってしっくりくる型が良いです。

三線のおすすめ人気ランキング

さてここまで、三線の選び方を解説してきましたが、
ここからはおすすめしたい三線をランキング形式でご紹介していきます。

ぜひ自分にあった三線を見つけてくださいね!

1位 沖縄三線 初心者応援セットB (本皮)二重張り

沖縄三線 初心者応援セットB (本皮)二重張り
32,900円(税込)

  • 皮 :蛇本皮(強化二重張り) 
  • さお:樫木 
  • 塗り:うるし 
  • カラクイ:黒檀

コスパ抜群の本格的三線

付属品として
DVD(教本とセット)、セラミック爪、ソフトケース、
調弦チューナー、高級黒木うま(予備)、ピック、
三線クロス、男弦、中弦、女弦、うま(セット済)、
糸掛け、天キャップ、カラクイ(1本)、
教本、三線袋、江戸紐、基礎知識シート、
調弦セッティングシート、目印のシール、
紅型てぃーさーじ、消音うま、三線ストラップ
がついてきます。

最初に持っておきたい物一式だけでなく、今後使える物全てが入っています。特にケースがあるので、保存・持ち運びも問題なしです。
棹も樫の木で、しっかりと響かせることができます。

最初から本物の音で練習することで、長く続けることができると思いますよ♫

2位 本皮三線 本蛇皮強化張り 初心者用12点セット

本皮三線 本蛇皮強化張り 初心者用12点セット
24,800円(税込)

  • <型>真壁型:樫
  • <塗り>黒塗り
  • <張り>本蛇皮強化張り

圧倒的コストパフォーマンスの本格三線

樫の木の棹でできた真壁型の三線です。
本皮の強化張りで本物の音を奏でることができます。

また、このショップでは皮の張り具合を注文することができるので、初心者だけでなく、中級者の方も満足できるかと思います。
胴巻き・カラクイも好みのデザインのものを選ぶことができます。

付属品は
1)三線本体 
2)工工四シール貼りサービス 
3)初心者マニュアル 
4)勘所シート 
5)ツメ 
6)男絃(予備) 
7)中絃(予備) 
8)女絃(予備) 
9)竹ウマ 
10)黒木ウマ 
11)調弦(音)サービス 
12)動画案内サービス
です。
ケースがない点だけは気をつけてください。

3位 三線 高級紫檀 知念大工型 オイル仕上げ 本蛇皮強化張り 初心者用12点セット

三線 高級紫檀 知念大工型 オイル仕上げ 本蛇皮強化張り 初心者用12点セット
43,800円(税込)

【型】知念大工型 
【棹】紫檀 
【塗り】オイル仕上げ(蜜蝋ワックス) 
【張り】本蛇皮強化張り 
【カラクイ】紫檀

高級紫檀の三線

通常10万円以上はする紫檀の三線が5万円以下という激安価格の三線です。

はじめから良い三線が欲しいという方に強くおすすめする三線です。チネンデーク(知念大工)という型で、天(棹の先)に稜線(真ん中の線)が入っています。
2位のショップと同じですので、皮の張り具合、胴巻き・カラクイを自分の好みに選ぶことができます。

付属品は
1)三線本体 
2)工工四シール貼りサービス 
3)初心者マニュアル 
4)勘所シート 
5)ツメ 
6)男絃(予備) 
7)中絃(予備) 
8)女絃(予備) 
9)竹ウマ 
10)黒木ウマ 
11)調弦(音)サービス 
12)動画案内サービス
です。

4位 強化張り初心者あんしん15点セット

強化張り初心者あんしん15点セット
39,800円(税込)

【材】ゆし木
【張り】蛇皮強化張り
【カラクイ】黒檀
【ウマ】牛骨

伝統のゆしの木を利用した三線

ユシの木は現在希少になっている材木です。
沖縄の三線には長い間ユシの木が使われてきました。

ネット通販では高いユシの木の三線がこのお店では約4万円と格安で売られています。

ハードケースも付いてくる点がいいですね!

5位 高級 本格三線 黒木 黒檀 縞黒 カマゴン (本張り 本体のみ)

高級 本格三線 黒木 黒檀 縞黒 カマゴン (本張り 本体のみ)
72,000円(税込)

【棹】黒木(縞黒:カマゴン)
【塗り】スンチー塗
【型】真壁型or与那城型or知念大工型(それ以外の型はご注文前にお問い合わせください)
【張り】上等本張り(7~9分までの張りの強さのご希望に応じます)

高級縞黒檀を用いた三線

紫檀より上等とされる縞黒檀を棹の材に用いた三線です。
型も選べますし、ずっと使える三線が欲しい方におすすめです。

本張りですので、修理・皮の交換を前提として買う必要があります。
深い響きに感動すること間違いなしです。

6位 三線 本格三線 黒木 縞黒 真壁型 オイル仕上げ 上等本張り 盛島開鐘

三線 本格三線 黒木 縞黒 真壁型 オイル仕上げ 上等本張り 盛島開鐘
68,800円(税込)

【型】真壁型 
【棹】黒木:縞黒
【塗り】オイル仕上げ(蜜蝋ワックス) 
【張り】上等本張り:盛島開鐘

縞黒檀の三線

塗りがオイル仕上げで木の素肌が見えるタイプの三線です。
縞黒檀の深い響きが欲しい方におすすめです。

上と同じく本張りですので、皮を交換できるショップを探しておく必要があります。

この記事に関連するキーワード

アクセスランキング 今月の人気記事

話題のキーワード よく調べられているキーワード