アコースティックギターの選び方・おすすめ

最終更新日: 2017年04月28日 | 作成日: 2017年04月23日 | 6067 views

アコースティックギターの選び方を仕組みから種類を詳細にご説明したのち、アコースティックギターのオススメをご紹介していきます。

アコースティックギターの選び方のポイント


アコースティックギター(アコギ)を選ぶときには価格、音質、引きやすさ、ボディの大きさなどがあります。 

価格

一番最初に気になるのが価格。基本的にアコギは低価格帯と高価格帯の二種類に分かれます。 
低価格帯だと¥5000~¥8000程度で購入できるものが多いです。しかし安価のため、部品精度が低い、弦高が高く抑えるのに力が必要になる。ピッチが正確ではないという問題点も多いです。
 
高価格帯では低価格帯で生じた問題点が解消されています。ネックが手になじみやすく弦高も低い。弾いていて指が痛くない上にピッチの精度も高いです。その分価格は¥120,000〜¥150,000と高額となっています。温度、湿度管理に敏感で高価なのでボディやネックに気を使います。 
 

 音質


次に音質が気になるところ。音質に影響してくる部分は使用木材の種類、機構の種類があります。
 

トップ材やサイド&バック材も種類だけではなく、単板と合板の違いもあります。 
単板は柔軟に振動するので音色が優れる。対して合板は複数枚の板を重ねあわせるため、振動しづらいですが価格を抑えることができます。 
 
 

材質

一番音質に影響があるのがボディの木材質。ボディはトップ&サイド・バックに分かれています。種類によって、音の響きやすさ、音色が変わってきます。


トップ材

トップ材で最も使われている素材が『シトカスプルース』。『スプルース』とだけ書いてある場合この素材を指すことが多いです。クッキリとした張りのある音が特徴。音量も大きく、いい意味でプレーンな音と言えます。経年変化ではっきりと木材が焼けていくのがわかります。
 
サイドとバックでよくつかわれる『マホガニー』。味のある外見と音でトップ材に使われることもあります。音量はほかの木材に少々劣るが木材の温かみが直に感じられる音が特徴。起床性の上がったマホガニーに変わる木材として「サペリ」が代用されることも多い。
 
高級ギターに使用されることが多い『イタリアンアルパインスプルース』。戦前のアコギに多様されていましたが、今では希少材となっています。力強い音が特徴で低音から高音までなんなくこなせるオールラウンダーといえます。
 
明るくカラッとした音が特徴の『コア』。ハワイでしか取れないため希少性は高く、特に高級なものは「トラ杢」といいしましまの木目を持っています。
 

 サイド&バック材 

インディアンローズウッド

基本的に「ローズウッド」とだけ書いてある場合このインディアンローズウッドのことが多いです。オールマイティな木材と言われるほど低音から高音まで幅広い音を出せます。クッキリとした硬めの音色。サスティンが多く出力されます。 
 

ハカランダ(ブラジリアンローズウッド)

サイド&バックの木材として最も高級な木材です。遠鳴りが特徴で硬質な芯が太い音です。 
 

マダガスカルローズウッド

ハカランダに最もよく似た性質をもつのがこのマダガスカルローズウッド。ハカランダと同じく硬質な芯が太い音が特徴で遠鳴りも非常に似ている。同じモデルでも一つずつ木目が違うため、それも魅力のひとつと言えます。 
 

メイプル

パーカッシブで硬質な音。サスティンが少ないが実音がとてもハッキリしているのが特徴。特に高級なものでは「トラ杢」や「バーズアイ」といった木目が出る。
 

骨組み・塗装


ブレイシング(力木)ともよばれる補強の骨組み。ブレイシングパターンは複数ありますがアコギで多いのは2ladder with X (ラダー2本とXを組み合わせたブレイシング)が多いです。
またブレイシングはノンスキャロップがブレイシングの直線的なサウンドを醸し出し、スキャロップドであれば軽い振動でもボディ全体が響いたニュアンスの音色という特徴があります。
塗装は二種類あります。ウレタン系とラッカー系。 
ウレタン塗装はとても強く変化が少ないのが特徴。 
ラッカー塗装はあまり強くはないが使い込むほど味が出る。 
 

 大きさ 

ドレッドノート

よくアコギ像としてイメージされるのがこのドレッドノート。厚みがあり、ボディ・音量も大きく低音が強いです。 

000(トリプルオー)

テンションがドレッドノートよりも緩く柔らかい音色を出します。また高音もよく響くのが特徴。 

00(ダブルオー)

さらにちいさく女性でも弾きやすくなったものがこのダブルオー。小ぶりのため大きな音量は出ませんが扱いやすいのが特徴。 

OM(オーエム)

ドレッドノートと000(トリプルオー)の中間的なアコギです。ドレッドノートと000(トリプルオー)で悩んだらこのオーエムにしてみるのも手かもしれません。 

ラウンドショルダー

中低音が強くコードストロークに向いています。 

ジャンボア

コースティックギターで最も大きなモデル。
 

アコースティックギターのおすすめ


これまでアコースティックギターの選び方をご紹介してきました。ここからはおすすめするアコースティックギターをご紹介していきます。

初心者用におすすめしたい入門16点セット

HONEY BEE アコースティックギター F-15 初心者入門16点セット
14,500円(税込)

  • 上級者の方も驚きのコストパフォーマンス!入門者、初心者にオススメ!スタンダードなフォークタイプ♪フォークタイプのアコギはウェスタンタイプに比べるとボディーが若干小振りで、ネックもやや細めなので入門用にも最適♪音色は全体に明るく甘いトーンが魅力的です♪
  • 教則本付きなので初心者の方でも安心♪KORG製のチューナーが付属しているのでチューニングも楽々♪付属のソフトケースで持ち運びも安全&楽々♪
  • こちらの商品をサクラ楽器からご注文頂くと、更に教則DVDもプレゼント!セット品の教本の内容を動画でご確認頂けますので初心者の方にはより分かりやすくなっております♪
  • 【豪華16点入門セット内容】アコギ本体・本体用ソフトケース・ストラップ・ピック2枚・ピックケース・カポタスト・教則本・ストリングワインダー・KORG製チューナー(GA-2)・ギタースタンド・クロス・予備弦1セット・ポリッシュ・スライドムーブ・ポイントクリーナー・ハーモニカ・サクラ楽器オリジナルステッカー

これを買えばギターが弾ける!

 初心者では「まず何をしたらいいかわからない」「ギターの弾き方がわからない」「何を買ったらいいかわからない」などわからないことずくし。ですがこの初心者用16点セットが全て解決してくれます。
 弾き方から保管に必要なもの一式、チューナーからギターケースまで揃っています。これから始める、といった方に入りやすい価格です。
 まずはこのセットを買ってみるのがいいでしょう。

ih

初心者用では物足りない方にオススメ

ヤマハ アコースティックギター FG SERIES ナチュラル FG830
38,556円(税込)

  • トラッドウェスタンのボディシェイプ
  • 表板はスプルース単板
  • 裏・側板はローズウッド
  • 新開発スキャロップドブレイシングによる豊かな響き
  • ※ネック材のマホガニーにつきましては、マホガニーの代替木材ナトーを使用しております。

ただ弾くだけでは物足りなくなってきた方はこれ!

初心者用のアコースティックギターをただ弾くだけでなく、音も気にし始めてきたらこの一本。
メーカーは誰でも知っている楽器メーカー「YAMAHA」
そのなかでもこのFGシリーズは50年以上も続いているモデルです。
中低音を強化したサウンドは新たな刺激を与えてくれること間違いなし。

マーティンのアコギを弾いてみたい!

Martin LX1 ミニアコースティックギター
46,173円(税込)

  • TOP : Solid Sitka Spruce / ROSETTE : Inlaid Boltaron w/ Red Fiber
  • SIDE MATERIAL : Mahogany Pattern HPL Textured Finish / NECK MATERIAL : Rust Stratabond
  • NECK SHAPE : Modified Low Oval / HEADPLATE : Mahogany Pattern HPL w/ Printed Logo
  • FINGERBOARD MATERIAL : Solid Morado or Solid East Indian Rosewood
  • 専用ギグケース付き

 Martinの人気ミニギターLXMのトップ単板モデル。単板を使うことによりサウンドもボリュームアップし、よりハイクオリティーに。
メーカー型番 LX1
サイズ約94×38×15cm
重量約3,045g

マーティンのアコギを弾いてみたい!

有名老舗ギターメーカーのMartin。一度弾いてみたいけど、高そう……というイメージがあると思います。
実際何十万、高いものは百何十万という価格です。しかしこのモデルは5万円以内で買えてしまいます。
もちろん音質などはお墨付き。Martinのギターが欲しくなったらこのモデルを購入してみてください。

初心者だけどシンプルにしたい人はコレ!

YAMAHA F315D TBS タバコブラウンサンバースト アコースティックギター アコギ 入門 初心者 F-315D 【入門シンプルセット】
16,800円(税込)

インドネシアにあるYAMAHAの自社工場で製作された、イシバシ楽器とYAMAHAのコラボレートモデルが誕生!
本モデルはYAMAHAオリジナルFG SHAPE(ドレッドノート型)のアコースティックギター。
BODYはTOPにスプルース、SIDE/BACKにはメランティを採用。
ペイントのバインディングにより、引き締まったルックスもかっこいいですね。
ヘッドにはYAMAHAの「Yマーク」をあしらい、ペグは高級感あるGOLDを採用。
ストロークで掻き鳴らすもよし、フィンガーピッキングで繊細に奏でてもよし! 入門用として申し分ない1本です。

■主な仕様 :
型 ヤマハFGシェイプ 胴厚 96-116mm 弦長 634mm
表板 スプルース 側裏板 メランティ ネック材 ナトー ヘッドポイント Yマーク 指板材 ローズウッド
指板幅(ナット部) 43mm
指板幅(接合部) 52mm
下駒材 ローズウッド
ナット・サドル ユリア ピックガード 黒 ペグ GOLD

■付属品:
ソフトケース、メーカー1年保証

シンプルに揃えたい!

アコギとソフトケースのみと必要最低限のものだけが入ったセットです。
アコースティックギター本体はヤマハ製で申し分ないスペック。
手軽に始めたい人におすすめです。

妥協したくない大人にオススメ

Seagull アコースティックギター 初心者 入門 ドレッドノートタイプのエレアコ 艶なしラッカー塗装 レトロなデザインで多機能・高音質のYAMAHA THR5Aが入ってる大人の19点セット Natural Elements Dreadnaught SG
110,300円(税込)

良質なカナダ製ブランド「シーガル」。森林保護のため、節や色合いなど見た目の問題で通常は採用しない木材をあえて採用した「ナチュラル・エレメンツ・シリーズ」。トップにはスプルース単板を、サイド&バック材はケベック州北部のアンバー・トレイル・メイプル3レイヤー(層)を採用しています。ピックガード付属。
19点セット内容
●ギター本体
●ソフトケース(軽いので持ち運びにも便利です。※ケースのカラーや仕様は変更する場合があります。)
●YAMAHA THR5(アコースティックギターサウンドに特化した、エレクトリックアコースティックギター用アンプ )
●カポタスト(コードフォームを変えないで移調するための道具。)
●教則DVD(見て聞いて確認しましょう)
●チューナー(音合わせは基本!メーターで正確にチューニングしましょう)
●ストラップ(ステージに立つ事をイメージして立っても練習しましょう)
●替え弦(もし弦が切れても予備があれば安心です)
●ニッパー(余分な弦は危ないので切りましょう)
●ポリッシュ(ボディの艶出しに使います)
●指板潤滑剤(弦のすべりを良くします)
●接点復活剤(ジャックやスイッチに噴いてノイズやガリを解消)
●ワインダー(弦交換がスムーズになります)
●シールド(ギターとアンプをつなぐケーブル)
●ピック(弦をはじくために必要です)
●ピックケース(数枚のピックを収納出来て、テープでギターに貼り付けられます)
●クロス(ギターをピカピカに保つために弾き終わったら拭きましょう)
●ギタースタンド(ギターを立てて置くことができるスタンド)

本気でやりたい!

そんな熱意のある大人におすすめ。
ギターのメンテナンス、演奏、保管まで全てこのセットで完結します。
値段が11万円と高額ですが価格以上にコストパフォーマンスが良いでしょう。

アクセスランキング 今月の人気記事

話題のキーワード よく調べられているキーワード